トップへ » 当院の6つの特徴 » 治療の期間・流れ » 診療ユニットに座っている時間を大幅に短縮

診療ユニットに座っている時間を大幅に短縮

診療ユニットに座っている時間を大幅に短縮従来の矯正治療では、ひとつひとつの歯にワイヤーの屈曲を行うため、患者さま一人当たりの診療時間に数十分もの時間がかかっていました。そのため患者さまは長時間にわたって口を開けておく必要があり、「アゴが疲れる」などといった弊害が発生していました。

しかし、当院が採用している「ストレートワイヤーテクニック」では、ワイヤー曲げをあまり行わないことから短時間で治療を終えることが可能です。この治療方法を用いれば、いわゆる「チェアタイム(診療ユニットに座っている時間)」を大幅に短縮することができます。

※すべての患者さまをこのテクニックで治療するわけではありません。
 


トップへ » 当院の6つの特徴 » 治療の期間・流れ » 診療ユニットに座っている時間を大幅に短縮


コールバック予約