渋谷の歴史

渋谷は山手線、東京メトロ等のターミナル駅になっていて、繁華街で形成されている街である。
東急百貨店、西武百貨店、パルコ、109、等のデパート、飲食店が立ち並んでいる。
江戸時代には大山街道沿いの集落が栄え、渋谷駅の西側にある円山町は宿場町、明治時代では花街になっている。

渋谷は徐々に銀座線、東横線、神奈川を一本で結ぶ路線などが開通し、少しずつ存在を広めていき今の渋谷になっている。

渋谷は若者の街、若者文化などの、流行の発信源の大きな移動が徐々に始まり日本の若者に関する歴史を大きく変動させた。 この際の変化は渋谷だけにとどまらず、渋谷区の中に存在している原宿を含め渋谷区全体に大きな変化をもたらすものとなっている。 1970年、日本の若者流行の発信源は、常に新宿でした。 しかし、1973年に渋谷で「パルコ」がグランドオープンし、日本の若者文化の歴史が大きく変化しました。 その流れは「新宿から渋谷へ、原宿等を含めた渋谷区全体へ」と移り変わっていく。 特に糸井重里作の「おいしい生活」などの斬新なキャッチコピーと、その根底に存在する堤清二代表の理想主義的経営を展開していたセゾングループは、大衆文化の質自体を「消費文化」へと大きく塗り替え、渋谷はその拠点として今でも注目を浴びている。

近年ではオリンピックに向けて渋谷再開発が行われ、駅周辺に構想テナントビルなどが立ち並び渋谷大企業の誘致なども活発に行われ若者の街から大人の街へ変貌を遂げようとしている。
また、海外旅行者を誘致するためにホテルの増加も目立たち日本の渋谷から世界の渋谷へとグローバルな領域へと進む事で、渋谷の認識を一新するものとなっている。

  • 03-3499-2222
  • メール