トップへ » 当院の6つの特徴 » 痛みに配慮した治療

10分の1のチカラで歯を動かす。痛みに配慮したやさしい矯正歯科治療

痛みに配慮したやさしい矯正治療

「痛い」「怖そう」という理由で矯正歯科治療をためらっていませんか?矯正歯科治療はひとりひとりの患者さまに合わせた、専用の専用装置を使って歯を動かしていく治療方法です。近年、技術や装置の進化により痛みを大幅に軽減できるようになってきました。

当院ではできるだけ柔らかいワイヤーを使用。少しずつ無理のない力を加えられるので、痛みなどの違和感がほとんど生じません。他にも装置の締め付けを減らすなど、最新技術を駆使しながら穏やかな力で歯を動かしていきます。

治療の痛みに配慮した矯正装置

治療の痛みに配慮した矯正装置治療期間の短縮や歯の痛みの軽減が期待できる矯正装置です。

従来の装置による矯正歯科治療では、ワイヤーやゴムリングでアーチワイヤーをブラケットに止めていたため、摩擦によりアーチワイヤーの滑りが悪い場合がありました。

しかし、セルフライゲーションシステムが導入されているデーモンブラケットは、従来の矯正装置に比べ摩擦抵抗が少なく、弱い力で歯を動かすことができるので、痛みの大幅な軽減が期待できます。同時に歯の動くスピードが速く、治療期間の短縮も期待できます。


トップへ » 当院の6つの特徴 » 痛みに配慮した治療


コールバック予約