トップへ » 院長紹介・経歴 » 私が考える矯正歯科治療の目的

私が考える矯正歯科治療の目的

私が考える矯正歯科治療の目的そもそも矯正歯科治療の目的とは何でしょう?それは大きく分けて3つあると、私はいつも説明をしています。

まず一つは、審美的な見た目の問題を解決する、という目的です。実際、勇気を持って矯正治療にチャレンジしたおかげで、"自分に自信が持てるようになった""人前でしゃべるのが苦じゃなくなった"という方は大勢いらっしゃいます。

また、矯正治療で歯並びが整ってからというもの、スグにパートーナーが見つかった!という方も。矯正治療で人生がぐっと広がる方も少なくないのです。こうしたことから、矯正歯科治療には"アンチエイジング"といった効果もあります。

二つ目の目的が、機能面の回復です。たとえば咀しゃく機能が向上することで、消化力がアップしたり、歯磨きがしやすくなったことから、虫歯・歯周病を予防することができます。他にも、発音が良くなったり、口臭が改善したり、なかにはアゴや首への負担が減り肩こりや頭痛が改善された、という方もいらっしゃいます。

そして三つ目は歯並びを矯正したことによる、日常生活の向上(Quality of life)です。

このように、矯正歯科治療は、非常に多くのメリットを備えた治療です。キレイで美しい口元を手に入れるために、そして、いつまでも健康に過ごすために。ぜひ、矯正歯科治療にチャレンジしてみませんか?


トップへ » 院長紹介・経歴 » 私が考える矯正歯科治療の目的


コールバック予約